学校の化学の授業で最外殻電子8個入っているオクテットだ学。>キセノンとラドンの最外殻の数がどうしても8個になりません。中学三年生 学校の化学の授業で最外殻電子8個入っているオクテットだ学びK殻外なるつれ電子収容できる数2nの二乗ずつ(n内側番目の殻であるか示て)増える聞いて希ガスで成り立っているのか調べたの、キセノンラドンの最外殻の数どうて8個なりません で先生質問たころ確かな答え言えないので来週調べて説明する言われたの、来週テスト控えているため早急答え知りたい 自分で調べてみたのなかなか意味呑み込めません どうかお願います 化学基礎。前回。原子の中心には原子核があり。その周りを電子が回っているということを
学びました。また。それぞれの電子殻に入ることができる電子の数は決まっ
ています。K殻…2個L殻…8個M殻…18個のように。細かく決まってい
ます。先ほど学んだ電子配置図は。約100年前にニールス?ボーアという
物理学者が考えたものだといいます。電子配置は原子の種類によって異なり
ますが。中でも注目すべきは一番外側の電子殻に入っている電子=「最外殻電子
」です。

化学講座。各殻には入れる電子数が決まっており。殻には個。殻には個。殻には個
。内側から番目の電子殻には 個の電子が収容できます。電子配置の
ルール 原子核に近い殻から入っていく; 電子配置のルール 電子殻の最大
収容数以上の電子は入らない。一番外側の電子殻は殻で。ここにつの電子が
入っている状態になっています。原子は最外殻電子が個この状態を
オクテットと言いますまたは一杯になった状態この状態を閉殻と言いますが
最も安定です。。これらの層を[ ① ]といい, 原子核に近い内側から殻, 殻, 殻, など と呼ばれて
いる。 各[ ① ]に収容できる電子の最大数は決まっており, 殻には[ ② ]個, 殻には
[ ③ ]個, 殻には[ ① ]個までの 電子をいれること原子の中の電子のうち最も
外側の[ ① ]に配置される電子のことを最外殻電子と呼ぶ。の原子間の化学結合
分子からなる物質の, 分子 解 答群 間に働く弱い引カ //
_{}一般に。電子は原子核に近い内側の電子殻から入って 原子核
いく。

学校の化学の授業で最外殻電子8個入っているオクテットだ学びK殻外なるつれ電子収容できる数2nの二乗ずつn内側番目の殻であるか示て増える聞いて希ガスで成り立っているのか調べたのキセノンラドンの最外殻の数どうて8個なりませんの画像をすべて見る。1。原子番号が番の水素原子は。飛び回っている電子も個だけですが。原子番号が
の鉛原子は。個もの電子が飛び回っています。でも。電子のいる場所は
計算によって確率で求めることができ。「だいたいこのあたりにこれくらいいる
だろう」と電子殻に番号をふり。その番号をとおいたとき。^の乗
個と決まっています。貴ガスの電子配置に共通しているのは。最外殻電子が
個は。殻の最大収容数が個なので。最外殻電子も個だ

>キセノンとラドンの最外殻の数がどうしても8個になりません。次の通りです。キセノン 原子番号54K2 L8 N18 M18 N8ラドン 原子番号86K2 L8 N18 M32 N18 O8電子殻が収容できる電子の数の上限は2n2ですが、これは順序を示すものではありません。N殻が満たされてからN殻に入るとか、N殻が満たされてからO殻に入るという順序にはなっていないので注意してください。電子の収容順がどうなっているのかを易しく説明したものはなかなか見当たりませんが、たとえばこのブログで簡潔にまとめられています中学生レベルは超えます。疑問点などがあれば返信してください。キセノンとラドンの最外殻の数がどうしても8個になりません。あたりまえ。君が思っている規則正しく内側の殻をぴったり埋めたら外側の殻に入っていくなんて単純な電子の詰まり方は原子番号20番までしか通用しない。それ以降はもっとややこしい事情で何殻に何個入るのかきまるのだから。