史上最悪規模 ソフトバンク障害の件エリクソン1社のシング。>ソフトバンク障害の件はエリクソン1社のシングルベンダーで仮想化ネットワークを構築したのが問題だったのでしょうか。ソフトバンク障害の件エリクソン1社のシングルベンダーで仮想化ネットワーク構築たの問題だったのでょうか 複数社の製品取り入れたほうリスクの分散できそう

機器同士の連携上手くいかない場合ありそう

ドコモの方信頼できる気ます マルチベンダーなので??

※中国高速鉄道や韓国の新幹線
線路の制御フランスの制度導入た、車両日本製のモノあるいった具合史上最悪規模。午後時半過ぎから時頃まで。約時間半の通信障害だったのですが。なぜ起き
たのでしょうか。端末がどんどん増えて輻輳ふくそう?物事が集まり
込み合うことが起こり。ネットワークが一斉にダウンしてしまった。
エリクソンの規模が大きかっただけに起こった通信障害ですけど。原因が初歩的
で。しかも同じミスが全世界で起こってしまっている。結局。証明書の問題だっ
たりするので。機械を変えればいいわけでもないですし。を使って予測できる
よう

ソフトバンクのLTEネットワーク障害の原因は。って印象だったけど。どうやら。ソフトバンクの障害の原因は。
ネットワークを構成するノード群の中装置だったようで。年月に出され
たのプレスリリースによれば。ソフトバンクはが提供で。
このは仮想環境で動いているのは「」ようで。
ソフトバンクの網に障害をもたらしたものと同じ一方。ソフトバンクは
のシングルベンダーで導入していたそうだただし。今回の障害の原因と
なったにキャリアネットワーク仮想化構築の2つの方向。興味を引くのはソフトバンクがエリクソン社のシングルベンダーで仮想化を実現
したのに対し。ドコモは前述社のマルチベンダーで実現したことだ。
ネットワークの仮想化は。これまで高価な専用ハードウェア中心だった

ソフトバンク通信障害の原因は「エリクソンの技術的ミス。エリクソン?ジャパンが。月日に発生したソフトバンクの通信障害の原因
について説明した。お客さまソフトバンクとが発表されたので。相談し
て。エリクソンも発表していいということで発表また。全国規模で障害が起き
たことから。ソフトバンクのコアネットワークパケット交換機はエリクソン
社でソフトバンク広報に。パケット交換機のベンダーがエリクソンのみか
どうかを問い合わせたところ。「コメントは控えたい」とのことだった

>ソフトバンク障害の件はエリクソン1社のシングルベンダーで仮想化ネットワークを構築したのが問題だったのでしょうか?ソフトバンク/Y!mobile の大規模な携帯ネットワーク通信障害14時間~18時まで、およびソフトバンクから卸しなどで回線を利用している関連会社のネットワーク通信障害の件ですね。●詳しい事故原因は後日ソフトバンク社から発表せざるをえなくなりますが、今のところ言われている主な原因のひとつがご質問どおりだったことはまず間違いなさそうです。参照Impres ケータイWatchNFV/SDN キャリアネットワーク仮想化構築の2つの方向これを見ると、?NTT docomoがシステムの仮想化に採用したベンダーはNEC、シスコ、エリクソンの3社。。ソフトバンクがシステムの仮想化に採用したベンダーはエリクソンのみ。となっています。おそらくdocomoだって、ソフトバンク障害の通信の影響はかぶっているに違いないでしょうが、3つの仮想システムのうちエリクソンを切って、「NEC、シスコ」の仮想化で回しているのでしょう。だから報道陣の質問に対しても ”うちの会社は問題ない” と余裕で高見の見物ができている笑のでしょう。一方ソフトバンクは慢性的に莫大な借金で規模を膨らませた会社なので、GWの基幹仮想システムをNTT docomoのように複数個 導入することができず、「エリクソンだけに決め打ち」してしまったのではないでしょうか?●もうひとつは、これはソフトバンクとエリクソンがすでに公式に発表していますが、「GW機器エリクソン製交換機のソフトウェアに異常が発生したため」が原因だそうです。12月6日13時39分ごろ、東京センターと大阪センターに配置してあるエリクソン製GWの全台数のソフトウェアに異常が発生。9カ月前から運用しているソフトウェアの異常は、エリクソンの通信設備を使用するイギリスなど海外11カ国の通信事業者でもほぼ同時刻に発生。ソフトバンクでは、同ソフトウェアを旧バージョンに戻すことで当座の復旧をしたそうです。すこし専門的になりますが、携帯GW機器の中で GSN-MMEServing GPRS Support Node-Mobility Management Entityに障害が発生。この機器で特定の2種類のバージョンリビジョンのを利用している国ではすべて障害が出たそうです。詳細を解析したところ、ソフトウェアの証明書バージョンの期限切れが原因だったことが判明したそうです。証明書を入れるインストール?設定する時は期限切れ日時を含め、慎重に確実に実施するものの、期限切れ日に対応した事前の運用オペレーションの作成とかそれをいつユーザーに迷惑をかけずに実施するか、となるとベテランの運用保守担当者でも以外と”ポカ抜け”しがちなんですよね。まして今回複数の国で同時に障害が起きたということは、エリクソン社のソフトおそらくシスコIOSライクなOSに致命的なバグがあったということなのでしょう。●現在、インターネットバンキング、Amazon、docomoなど消費者向けのサイトではログイン認証にいわゆる「多段階 認証方式」が導入され「クライアント証明書 認証方式」はほとんど普及していません。まず一般ユーザーには「証明書がなぜセキュリティの確保に有効か?」を腹落ちして認識させるのがまずたいへんで、仮にそれができたとしても、「証明書のインストール?設定方法」でつまづいたり、そして上記の障害と同じように証明書期限切れ日時を忘れずしっかり把握して、かつ「期限切れになる前に自身できちんと更新作業も行える」となると、おそらくIT業をなりわいとしている一部の消費者に限られてしまうからでしょう。参照ITmediaモバイル ソフトバンクの通信障害、原因はエリクソン製交換機ソフトウェア証明書期限切れ●いずれにしてもソフトバンクの本社東京都港区とデータセンターお台場?は「火の車の炎上」状態でしょう。またエリクソンの横浜オフィス技術部も同様の「戦場状態」なんでしょう。くわばら,くわばら。

  • 福祉書評16発達障害 自閉症スペクトラムの人はなんで嫌わ
  • 禁断の誘惑 今から食べるとしたらマックかラーメンどっちに
  • ali213 作り方は色々なサイトで見ることができるので
  • 理想の教師像 専門学校の課題で?卒業後の理想の姿になるた
  • 和久田麻由子 和久田麻由子さんがブレイクしたのはいつ頃で